定期健診

定期健診は、日頃の健康状態を確認する絶好の機会です。健診には、治療が必要な病気の早期発見や早期治療につなげる役割があります。しかし、それだけでなくこれからの健診は、生活習慣病※1、なかでもメタボリックシンドローム※2の予防や改善が最大の目的となります。

メタボリックシンドロームを含む生活習慣病は、日頃の生活習慣の不摂生が原因となる事が多く、生活習慣を規則正しくするだけで防ぐことができます。昨年の健診結果に異常があった方も、そうでない方も一度生活習慣の改善に取り組んで、翌年の健診でその成果を確かめてください。

定期健診を有効に活用して、より健康な身体をみんなで作りましょう。

※1 生活習慣病とは、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病、心臓病、がん、高脂血症、高血圧など、悪い生活習慣の積み重ねによって発症することが多い病気の総称です。

※2 メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪の蓄積により、脂質異常・糖尿病・高血圧症を合併する内臓脂肪症候群のことです。