当組合の指定病院以外で健診を受けた方への補助

パート先や市町村が実施する健診を受けられた方には、がん検診(胃がん、大腸がん、乳がん、子宮がん)費用の実費もしくは上限5,000円のいずれか低い額を補助します。

5,000円を超えた金額は自己負担となります。

パート先や市町村が実施する健診を受けた方

最低限として次の特定健診の項目をすべて受けていることが必要です。
診察、身体測定、腹囲測定、血圧、尿検査、血液検査(脂質代謝、空腹時血糖、肝機能)

随時血糖の場合はHbA1cを受けているかご確認ください。(随時血糖のみは支給不可)

当組合の指定病院または
市町村が実施するがん検診を受けた方
補助の対象となるのは、胃がん、大腸がん、乳がん、子宮がん検診です。

補助金の請求方法

次の5点をホッチキスで止めて、各事業所担当課へ(任意継続被保険者とその被扶養者は直接当組合へ)お送りください。

  1. 任継健診・家族健診・がん検診補助金請求書
  2. 健診結果票(コピー) ページ上部に記載の特定健診項目すべて
  3. がん検診結果票(コピー)
  4. 特定健診問診票(パート先等受診者用)
  5. 領収書(原本)
申請書類はこちら
  • 任継健診・家族健診・がん検診補助金請求書
     
    書類
    特定健診問診票(パート先等受診者用)
     
    書類

書類提出上の注意

A3用紙指定の書類以外はA4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず記名・捺印の上提出してください。

書類は健康保険組合の担当者に提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。